S型横単段ダブルサクションスプリットポンプ

簡単な説明:

流量:72-10800m³/ h
頭:10-253m
効率:69%-90%
ポンプ重量:110-25600kg
モーター出力:11-2240kw
NPSH:1.79-10.3m


製品の詳細

製品タグ

製品説明
Sタイプのダブルサクションスプリットポンプは、単段、ダブルサクションの水平スプリットタイプの遠心式浄水ポンプで、工業用および都市用の給排水ポンプに適しています。工場、都市、発電所、水利プロジェクトなどの排水ポンプまたは給水ポンプとして使用できます。農地の灌漑。「S」シリーズポンプは、シンプルな構造と優れた性能を備えた高効率で省エネの製品です。これは、固体粒子や水と同様の物理的および化学的特性を持つ他の液体を含まないきれいな水を輸送するために使用されます。搬送する媒体の温度は0℃〜80℃、許容入口圧力は0.6MPaです。
パフォーマンスパラメータ
S型水平単段二重吸引分割遠心ポンプのパラメータ範囲とモデルの説明:
流量Q72〜10800m3 / h
ヘッドH10〜253m

モデル:200S95
200 –スピットキャリバー
S-単段ダブルサクション水平分割遠心ポンプ
95-頭

Sタイプ水平単段ダブルサクションスプリット遠心ポンプの構造的特徴:
同型の他のポンプと比較して、S型横型ダブルサクションポンプは、長寿命、高効率、合理的な構造、低運用コスト、便利な設置とメンテナンスなどの特徴があります。防火に最適です。空調、化学工業、水処理およびその他の産業。ポンプ付き。ポンプ本体の設計圧力は1.6MPaと2.6MPaです。OMPa。
ポンプ本体の入口フランジと出口フランジはポンプ本体下部に配置されているため、システムパイプラインを分解せずにローターを取り出すことができ、メンテナンスに便利です。生活。スプリットポンプインペラの油圧設計は、最先端のCFDテクノロジーを採用しているため、Sポンプの油圧効率が向上します。インペラのバランスを動的に調整して、Sポンプのスムーズな動作を確保します。軸径が太く、軸受間隔が短いため、軸のたわみが少なくなり、メカニカルシールと軸受の寿命が長くなります。ブッシングは、シャフトを腐食や摩耗から保護するためにさまざまな材料で入手でき、ブッシングは交換可能です。ウェアリングスプリットポンプボディとインペラの摩耗を防ぐために、ポンプ本体とインペラの間に交換可能なウェアリングが使用されています。パッキンシールとメカニカルシールの両方が使用でき、ポンプカバーを取り外さなくてもシールを交換できます。ベアリング独自のベアリングボディ設計により、ベアリングをグリースまたは薄いオイルで潤滑することができます。ベアリングの設計寿命は100,000時間以上です。複列スラストベアリングとクローズドベアリングも使用できます。
S型水平二重吸込遠心ポンプの吸込口と吐出口は、ポンプの軸の下にあり、軸に垂直で水平方向にあります。メンテナンス中は、ポンプカバーを取り外して、モーターとパイプラインを分解せずにすべての部品を取り外すことができます。
スプリットポンプは、主にポンプ本体、ポンプカバー、シャフト、インペラ、シールリング、シャフトスリーブ、ベアリング部品、シール部品で構成されています。シャフトの材質は高品質の炭素構造用鋼で、その他の部品の材質は基本的に鋳鉄です。インペラ、シールリング、シャフトスリーブは脆弱な部品です。
材質:ユーザーの実際のニーズに応じて、Sタイプの二重吸引遠心ポンプの材質は、銅、鋳鉄、ダクタイル鋳鉄、316ステンレス鋼、416です。7ステンレス鋼、双方向鋼、ハステロイ、モネル、チタン合金、No.20合金およびその他の材料。
回転方向:モーター端からポンプまで、「S」シリーズポンプは反時計回りに回転します。このとき、吸込口は左側、吐出口は右側にあり、ポンプは時計回りに回転します。このとき、吸込口は右側、吐出口は左側にあります。。
完全なセットの範囲:供給ポンプ、モーター、底板、カップリング、短いパイプのインポートとエクスポートなどの完全なセット。
Sタイプスプリットポンプの設置
1.Sタイプのオープンポンプとモーターに損傷がないことを確認します。
2.ポンプの設置高さ、吸引パイプラインの水力損失、およびその速度エネルギーは、サンプルで指定されている許容吸引高さの値を超えてはなりません。基本サイズは、ポンプユニットの設置サイズに適合している必要があります

インストールシーケンス:
①アンカーボルトで埋められたコンクリート基礎に送水ポンプを置き、その間のくさび形スペーサーの高さを調整し、アンカーボルトを適切に締めて動かないようにします。
②基礎とポンプ脚の間にコンクリートを流し込みます。
③コンクリートが乾いて固まったら、アンカーボルトを締め、S型ミッドオープニングポンプの水平度を再確認します。
4.モーターシャフトとポンプシャフトの同心度を修正します。2本の軸を直線にするために、2本の軸の外側の同心度の許容誤差は0.1mmであり、円周に沿った端面クリアランスの不均一性の許容誤差は0.3mmです(
給水管と排水管を接続した後、テストを実行した後、それらを再度校正する必要がありますが、それでも上記の要件を満たしている必要があります)。
⑤モーターのステアリングがウォーターポンプのステアリングと一致していることを確認した後、カップリングと接続ピンを取り付けます。
4.給水口と排水口のパイプラインは、追加のブラケットでサポートする必要があり、ポンプ本体でサポートしないでください。
5.送水ポンプとパイプラインの間の接合面は、良好な気密性を確保する必要があります。特に、水入口パイプラインは、空気漏れがないことを厳密に保証する必要があり、デバイスに空気が閉じ込められる可能性がないようにする必要があります。
6. Sタイプのミッドオープニングポンプが入口水位より上に設置されている場合、通常、ポンプを始動するために下部バルブを設置できます。真空流用の方法も使用できます。
7.通常、ウォーターポンプとウォーターアウトレットパイプラインの間にゲートバルブとチェックバルブが必要であり(リフトは20m未満)、チェックバルブはゲートバルブの後ろに設置されます。
上記の設置方法は、ベース接地のないポンプユニットを指します。
ベース接地付きのポンプを設置し、ベースとコンクリート基礎の間のくさび形のシムを調整して、ユニットのレベルを調整します。次に、その間にコンクリートを注ぎます。設置の原則と要件は、ベース接地のないユニットの場合と同じです。

Sタイプスプリットポンプの始動、停止、運転
1.開始および停止:
①始動する前に、ポンプのローターを回してください。滑らかで均一でなければなりません。
②出口ゲートバルブを閉じ、ポンプに水を注入し(下部バルブがない場合は、真空ポンプを使用して水を排出および迂回させます)、ポンプが水で満たされ、空気が閉じ込められていないことを確認します。
③ポンプに真空計または圧力計が付いている場合は、ポンプに接続されているコックを閉じてモーターを始動し、通常の速度になってから開いてください。次に、出口ゲートバルブを徐々に開きます。流量が大きすぎる場合は、小さなゲートバルブを適切に閉じて調整できます。;逆に、流量が少なすぎる場合は、ゲートバルブを開いてください。
④パッキングランドの圧縮ナットを均等に締めて液漏れを発生させ、パッキンキャビティの温度上昇に注意してください。
⑤送水ポンプの運転を停止するときは、真空計と圧力計のコックと水出口パイプラインのゲートバルブを閉じてから、モーターの電源を切ってください。残りの水を排出して、ポンプ本体が凍結したり割れたりしないようにします。
✧長期間使用しない場合は、送水ポンプを分解して部品の水を乾燥させ、加工面に防錆油を塗布して保管してください。

手術:
①送水ポンプ軸受の最高温度は75℃を超えてはならない。
②ベアリングの潤滑に使用するカルシウム系バターの量は、ベアリング本体のスペースの1/3〜1/2とします。
③パッキンが摩耗している場合、パッキングランドは適切に圧縮できます。パッキンが損傷しすぎている場合は、交換する必要があります。
④カップリング部品を定期的に点検し、モーターベアリングの温度上昇に注意してください。
⑤運転中、異音等の異音が発生した場合は、直ちに停止し、原因を確認して除去してください。
✧ウォーターポンプの速度を勝手に上げないでください。ただし、低速で使用することはできます。たとえば、このモデルのポンプの定格速度はn、流量はQ、ヘッドはH、シャフト出力はN、速度はn1に低下します。減速後の流量、水頭、軸出力はそれぞれQ1、H1、N1であり、相互関係は次式で換算できます。
Q1 =(n1 / n)Q H1 =(n1 / n)2 H N1 =(n1 / n)3 N

S型スプリットポンプの組立・分解
1.ローター部品の組み立て:資金を調達して、インペラ、シャフトスリーブ、シャフトスリーブナット、パッキングスリーブ、パッキングリング、パッキングランド、保水リング、およびベアリング部品をポンプシャフトに取り付け、二重吸引シールリングを取り付けます。次に、カップリングをインストールします。
2.ポンプ本体にローター部品を取り付け、インペラの軸方向位置をダブルサクションシールリングの中央に合わせて固定し、ベアリング本体グランドを固定ネジで固定します。
3.パッキンを取り付け、中央の開口部のペーパーパッドを置き、ポンプカバーを覆い、スクリューテールピンを締め、次にポンプカバーナットを締め、最後にパッキングランドを取り付けます。ただし、パッキンを強く押しすぎないでください。実際の材料がきつすぎると、ブッシングが熱くなり、多くの電力を消費します。また、強く押しすぎると、大量の液体漏れが発生し、効率が低下します。ポンプ。
組立完了後、ポンプシャフトを手で回すと、摩擦現象がなく、回転が比較的スムーズで均一であり、上記の組立と逆の順序で分解することができます。


  • 前:
  • 次:

  • ここにあなたのメッセージを書いて、私たちに送ってください